夫婦のあり方を考える漫画!「夫を捨てたい。」のあらすじ、みどころ

マンガ婦人
こんにちは。漫画大好きマンガ婦人です。
今回は、インスタグラムが大人気となり書籍化された漫画「夫を捨てたい。」をご紹介します。

今回は、いくたはなさん原作の「夫を捨てたい」をご紹介します。

夫婦のすれ違いや子育て中の妻のリアルな悩みを描き、WEBで話題となり様々な媒体にも取り上げられている漫画です。夫婦のあり方から、子育てのしやすい社会とは何かまで、現代社会の問題を考えさせられる作品です!

「夫を捨てたい。」とは?

「夫を捨てたい。」は、祥伝社から出版された、いくたはなさんによる漫画です。

当初はインスタグラムにアップされていた漫画ですが、リアルな妻の本音が描かれている漫画として多くの共感を呼びました。LINEニュースYahoo!ニュースに取り上げられて、さらに大人気となり書籍化された漫画です。

夫を捨てたい。

いくたはな

(853)

試し読みあり

「夫を捨てたい。」のあらすじ

現在、育休中の新米ママのはなは、優しい夫と産まれたばかりの赤ちゃんと幸せな日々のはずだった。しかし、現実は休めない、眠れない、1人の時間がない、そんな子育て生活でストレスは溜まるばかり。

そんな妻を横目に夫は、自分のペースで子どもが産まれる前と何ら変わらない生活をしている。仕事に打ち込み、友達付き合いや飲み会で朝帰り、と自由な日々。家事や子育ての負担に押し潰されそうなはなは、夫への不満をつのらせ、次第に「夫を捨てたい」と思うようになっていく・・・。

「夫を捨てたい。」の登場人物

「夫を捨てたい。」の登場人物は、主に妻と夫。赤ちゃんやばあばも出てきますが、夫婦2人を中心に物語が展開されます。

妻:はな

主人公。産休をとって長男を出産。育休を経て会社に復帰するが、仕事と育児の大変さに夫への不満やストレスをつのらせていく。

はなの高校時代の同級生。優しく人当たりが良いタイプだが、子どもが産まれてからも自分中心の生活を続けている。妻のたまっていく不満には気づかない。

長男

産まれたばかりの長男。作中では「長男くん」「息子くん」と呼ばれている。

はなの母。はなが困って実家へ行くと、暖かく迎えてくれたり、的確なアドバイスをしてくれたりする。

「夫を捨てたい。」のみどころ

妻は共感、夫は理解

出産後、自分が子どもが最優先の生活に追われている一方、以前と変わらず自分のペースで生活を続けている夫に不満を感じる妻は多いようです。「夫を捨てたい。」は、そんな夫婦のあるあるを描いていて、多くの共感の声が寄せられています。

ストレスを抱えているママたちは、イライラしているのは自分だけじゃない、どこの家庭も同じなんだと共感し安心できる漫画です。夫に対して無性に腹が立つけれどうまく言葉にできないという方、夫にどうしてほしいのか分からないといった方には、気持ちを整理するのにも役立つと思います。

一方で、旦那様側からは、「妻がなぜイライラしていたか分かった気がする」という声が聞かれます。奥様が冷たかったり機嫌が悪かったりする原因が分からないという方、この漫画を読めば妻がどうしてほしいのか分かると思います!

言葉にすることの大切さ

家事育児を一手に引き受けてしんどい思いをしている妻、はな。手伝ってくれない夫、自分の気持ちを分かってくれない夫に対し、ついに不満が爆発してしまいます。が、母の言葉で気付きます。

実家へ帰ったはなに、お母さんはこういいます。「良い父っていうのは最初から完成されているわけではなく、だんだん良くなっていくもの」「ブチ切れて家出する前に、自分が苦しくて家事を手伝って欲しいとか、かかえている不満を言葉にしてちゃんと伝えたことがあるのか」と。

忘れていけないのは、夫婦は他人ですから「察してほしい」と思っていても伝わらないということ。自分の気持ちを素直に話し、相手と話し合うことが大切だということを気付かせてくれます。

これからの夫婦のあり方

「夫を捨てたい。」がこれだけ多くの共感を得てヒットしているということは、子育てに関して、自分がパートナーより負担が大きいと感じている人がそれだけ多いということだと思います。

漫画の中でも、保育園からの呼び出しの対応も、熱が出た息子の看病のために仕事を休むのも毎回ママ・・・と、はなが不満をためていきますが、周りの共働き家庭からも同じような不満をなんともよく聞きます。共働き家庭が増えてきている今日ですが、子育てのために仕事をやめたり、セーブしたりするのは、男性より女性、という風潮はまだ変わっていないと感じます。女性が子育てと仕事を両立するための夫婦のあり方、そして社会のあり方を考えさせられる漫画です。

マンガ婦人
出産後、復職する女性が増えているけれど、多くの女性が仕事と育児の両立でとても苦労しているわ。女性が働きやすい社会に変わっていってほしいわね。

「夫を捨てたい。」を読むならこちらから

「夫を捨てたい。」を読むなら「ebookjapan」がオススメです!

  • Yahoo!IDがあれば登録不要ですぐ読める!
  • 月額料金なし。見たい本だけ購入できる!
  • 9000作品が無料で読める、読み放題コーナーあり!

\試し読み増量中!/