コンプレックスに立ち向かう漫画!「青に、ふれる。」のあらすじ、みどころ

マンガ婦人
こんにちは。漫画大好きマンガ婦人です。
今回は、コンプレックスを持つ女子高生と先生の胸キュンラブストーリーです。

今回は、鈴木望さん原作の「青に、ふれる。」をご紹介します。

生まれつきの青いアザ「太田母斑(おおたぼはん)」と、人の顔や表情が認識できない「相貌失認(そうぼうしつにん)」という症状を取り扱っているストーリーです。コンプレックスやトラウマとどう向き合っていくかが描かれていて、コンプレックスに寄り添う漫画として大きな反響を呼んでいます。

先生と生徒のピュアな胸キュンラブストーリーも目が離せないところです!

「青に、ふれる。」とは?

「青に、ふれる。」は、鈴木望さんによる少女漫画。双葉社『月刊アクション』にて連載中です。

顔の右側に大きなアザのある主人公・青山瑠璃子(あおやまるりこ)と、担任である神田先生を中心とした登場人物たちとの人間関係を繊細に描く青春コンプレックスラブストーリー。「次にくるマンガ大賞2020」にもノミネートされた、今大注目の漫画です。

青に、ふれる。(1)

鈴木望

(13)

試し読みあり
1〜3巻まで発売中!

「青に、ふれる。」のあらすじ

顔にアザのある女子高生瑠璃子は、アザのことで周りに気を遣わせないよう、明るく元気に振る舞う毎日。でも、実は心の奥では、周りの態度や発言に傷ついていた。

ある日、新しく担任になった神田先生が人の顔を認識できない「相貌失認(そうぼうしつにん)」という症状を患っていることを知る。瑠璃子のアザのことを「青のオーラ」だと思っていたと言う神田先生に、瑠璃子は心を揺さぶられる。

↓↓ 1巻【あらすじ、感想】はこちら ↓↓

青に、ふれる。 1巻【あらすじ、感想】

2020年12月24日
↓↓ 2巻【あらすじ、感想】はこちら ↓↓

青に、ふれる。 2巻【あらすじ、感想】

2020年12月24日
↓↓ 3巻【あらすじ、感想】はこちら ↓↓

青に、ふれる。 3巻【あらすじ、感想】

2020年12月25日

「青に、ふれる。」の登場人物

青山 瑠璃子(あおやま るりこ)

主人公の高校2年生。顔に太田母斑(おおたぼはん)という生まれつきのアザがある。アザをコンプレックスに思いながらも、周りに気を使わせないよう、ネガティブにならないよう、明るく強くふるまおうとしている。

神田 野光(かんだ ひろあき)

瑠璃子のクラスの担任。イケメンで新卒。人の顔を判別できない相貌失認(そうぼうしつにん)という症状を持っているが、校長以外には明かしていない。普段は服装、髪型、持ち物、声や仕草などで生徒や同僚の先生を判別しているが、そんな中、なぜか瑠璃子だけは分かることに気付く。

瀬戸 七実(せと ななみ)

瑠璃子の親友で同じクラス。しっかり者ではっきりものを言うタイプ。中学時代、瑠璃子と不登校児が通うフリースクールで出会い、それ以来の友達。

白河先生(しらかわせんせい)

瑠璃子のクラスの副担任。音楽教師。美人でよく気が付くタイプだが、彼女もコンプレックスを持っている。神田に興味がある様子。

大橋 智也(おおはし ともや)

瑠璃子の中学時代の同級生。瑠璃子と仲が良かったが、友達にからかわれ否定するために言った言葉で瑠璃子を傷つけてしまった。

「青に、ふれる。」のみどころ

コンプレックスに立ち向かう主人公たち

顔のアザのことを他人に見られたり聞かれたりするたびに傷ついているものの、周りに気を遣わせないよう、笑顔で過ごしてきた瑠璃子。でも本当は苦しくて辛い思いをしていました。神田先生は、そんな瑠璃子に「”傷ついた”って言っていいんです」と言葉をかけます。そうすれば少しは気が楽になる、と。

瑠璃子は自分の気持ちに嘘をついて本当のことを言わないと変われない、と気づき、勇気を出して「傷ついた」と言います。そして本当に気持ちが少し楽に。

自分が傷ついたこと、辛い思いをしたことを認めることは難しいことですが、コンプレックスに立ち向かうために自分を変えていく主人公瑠璃子の姿は魅力的です!

生徒と先生、禁断の恋の行方は!?

顔のアザにコンプレックスを持つ瑠璃子と、相貌失認の症状と過去のトラウマを持つ神田。2人とも、周りとうまくいかないのは自分のせいだと自分を責めて孤独だった。初めてお互いを理解してくれる人に出会い、シンパシーを感じながらも、障害となるのが「先生と生徒」という壁。この恋の行方はどうなるのか、目が離せません!

「相貌失認」について知ることができる

「相貌失認(そうぼうしつにん)」とは、個人の顔が判別できずみんな同じ顔に見える、喜怒哀楽などの顔の表情が判別できないといった症状で、100人に1人の割合でいると言われています。顔を覚えられないといった症状が本人の意識の問題だと思われやすく、本人も周りも症状に気付きにくく、周りから誤解を受けやすいのが特徴です。

「青に、ふれる。」では、相貌失認である神田先生の視点で周りの世界が描かれたり、神田先生の過去が描かれたりすることで、相貌失認の人たちが見ている世界やどういった思いを抱えているかを知ることができます。相貌失認という症状は、まだ一般的に良く知られていないと思いますので、この漫画を通じて多くの人が知る、理解することで、誤解を受ける人たちが少しでも少なくなるといいなと思います。

「青に、ふれる。」を読むならこちらから

「青に、ふれる。」を読むなら「ebookjapan」がオススメです!

  • Yahoo!IDがあれば登録不要ですぐ読める!
  • 月額料金なし。見たい本だけ購入できる!
  • 9000作品が無料で読める、読み放題コーナーあり!

\今ならコミックス1巻無料!/